不動産の修繕特約とは

不動産の修繕特約とは

不動産の修繕特約とは 不動産との賃貸契約で、よく問題になるのが原状回復の問題です。
原状回復に似た特約に、修繕特約があります。
原状回復というのは、建物を明け渡す時の原状回復についての特約です。
一方、修繕特約は、賃貸借契約継続中の毀損、汚損の修繕に関する特約です。
本来であれば、修繕の義務があるのは、賃貸人です。
しかし、修繕の義務を賃借人に負わせるのが修繕特約です。
原状回復義務に関する考え方と同じように、通常の損耗を超える部分にまで修繕の義務は負わないと、多くの判例で示されています。
特約の中には、修繕の範囲を並びたてた特約もありますが、修繕義務を免除しただけのものなので、賃借人の義務が発生するわけではありません。
特約の有効性が認められても、賃借人は小さな修繕についてだけ修繕義務を負っており、大きな修繕に対しては修繕義務を負わないと考えられています。
契約で気になることがある場合は、遠慮なく不動産に問い合わせた方が、後々のトラブルを避けることができます。

不動産の借地権とは

不動産の借地権とは 不動産に関する権利の中には建物所有を目的とする借地権というものがあり、これには地上権と賃借権があります。
地上権は土地の権利を登記することができて、土地上にある建物を第三者に売却・転貸するなど自由に行うことができます。
賃借権の場合は土地所有者(地主)の承諾が無いと売却・転貸することはできません。
借地借家法は平成4年に改正されており、それ以前から設定されていた借地権には引き続き旧法が適用されます。
旧法での権利の存続期間は木造建築が最低20年(法定30年)、マンションなどは最低30年(法定60年)とされていましたが、新法では建物の構造に関係なく30年と定められており、それ以降は自由となっております。
新法の新たな規定に定期借地権というものが制定されました。
これは権利の相続期間は50年以上とし権利機関満了時には契約を更新しないこと、買取請求をしないことなどを定めています。
しかしながら、新法が制定されてからはまだ契約満了したケースはないので、この規定が契約満了時に不動産界にどのような問題を残すのかという不安もあります。

新着情報

◎2017/12/20

不動産投資を始める前に
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

シニアライフに向けた不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

鑑定士の資格取得の方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産価値査定の手法
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家の改造というニーズ
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産の修繕特約とは
の情報を更新しました。

「不動産 特約」
に関連するツイート
Twitter

賃貸の申込を済ませたが不動産屋に契約前に初期費用を振込めと言われ契約時にしたい旨伝えたところ、高圧的にそれでもいいよと言われ、見積も二転三転したのでキャンセルし引き続き物色中。 重要事項説明も現状回復特約?も借り主に不利な契約だしこなんでよく借りるとなと思うのは僕だけだろうか。

実は働いていたホリデー 10/22祝日休み?だと そんな甘く無いよ俺は今日も働く 10/31までに成立に持ち込みたい 一件メガPJがあるんじゃわ 👉一件、不動産の御話 👉あとは超細かい契約条項と 👉超細かい責任範囲と いろいろ先を見据えての特約事項 10/30までに利害関係者を纏める 天堂

Twitter天堂秋良(テンドーン家主)@tendo_akira_711

返信 リツイート 0:04

最近は自動車保険に『無保険車特約』ってのがオプションでついてる。結局は不動産の敷金関係と一緒で、ヤバいやつの費用をまともなユーザーで折半して負担するシステムにするしかないのよね。それを排除すると、究極は街にバリケード作って住み分けする世界になるしかないのが現実かも。 twitter.com/mamao91048822/…

Twitterポンチ熊@インデックス投資ぶちこみ太郎🎰@ponchiwork

返信1 リツイート1 昨日 23:50

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

不動産投資を「火災保険」という視点から観られる本は希少であり、超役に立った。記述してある内容が実体験実話なだけあって、私個人としても実務への転用のし易さを感じた。書かれている内容はストリクトだが、自分自身どの特約を重視すべきなのか、申請時何を気をつけるべきかなどが読み解けた🥳🙆‍♂️✨ pic.twitter.com/9d22naAFRg

Q 不動産質権者と質権設定者との間の特約で、目的不動産の使用収益権を排除できない(新24-17) →× 356「不動産質権者は…使用及び収益…できる」が、359「前三条の規定は…【別段の定め】があるとき…は、【適用しない】」としてる。また民執法59Ⅰもそれを前提とする #担物

不動産オーナー向けに保険の孤独死特約とかすでにありそう。

【民法Ⅱ】売買3: ・買戻しの特約(基本不動産に対して行われる)は、売買契約と同時に行う。同時に登記をしていなければ、第三者に対抗できない。 ・買い戻す場合、売主は買主が支払った代金+契約の費用を提供する ・買戻しの期間は10年まで。定めなかった場合5年以内に買戻しを行う。

Twitter那須政宗(公務員試験向け俺用暗記bot)@goukaku_onashas

返信 リツイート 昨日 9:13

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

答(正)不動産の買戻し特約を第三者に対抗するには、売買契約と同時にその特約を登記しなければならない

Twitterオンライン自習室【司法書士受験等勉強に】@OnlineStudyRoom

返信 リツイート1 10/21(月) 20:03