不動産の修繕特約とは

不動産の修繕特約とは

不動産の修繕特約とは 不動産との賃貸契約で、よく問題になるのが原状回復の問題です。
原状回復に似た特約に、修繕特約があります。
原状回復というのは、建物を明け渡す時の原状回復についての特約です。
一方、修繕特約は、賃貸借契約継続中の毀損、汚損の修繕に関する特約です。
本来であれば、修繕の義務があるのは、賃貸人です。
しかし、修繕の義務を賃借人に負わせるのが修繕特約です。
原状回復義務に関する考え方と同じように、通常の損耗を超える部分にまで修繕の義務は負わないと、多くの判例で示されています。
特約の中には、修繕の範囲を並びたてた特約もありますが、修繕義務を免除しただけのものなので、賃借人の義務が発生するわけではありません。
特約の有効性が認められても、賃借人は小さな修繕についてだけ修繕義務を負っており、大きな修繕に対しては修繕義務を負わないと考えられています。
契約で気になることがある場合は、遠慮なく不動産に問い合わせた方が、後々のトラブルを避けることができます。

不動産の借地権とは

不動産の借地権とは 不動産に関する権利の中には建物所有を目的とする借地権というものがあり、これには地上権と賃借権があります。
地上権は土地の権利を登記することができて、土地上にある建物を第三者に売却・転貸するなど自由に行うことができます。
賃借権の場合は土地所有者(地主)の承諾が無いと売却・転貸することはできません。
借地借家法は平成4年に改正されており、それ以前から設定されていた借地権には引き続き旧法が適用されます。
旧法での権利の存続期間は木造建築が最低20年(法定30年)、マンションなどは最低30年(法定60年)とされていましたが、新法では建物の構造に関係なく30年と定められており、それ以降は自由となっております。
新法の新たな規定に定期借地権というものが制定されました。
これは権利の相続期間は50年以上とし権利機関満了時には契約を更新しないこと、買取請求をしないことなどを定めています。
しかしながら、新法が制定されてからはまだ契約満了したケースはないので、この規定が契約満了時に不動産界にどのような問題を残すのかという不安もあります。

新着情報

◎2017/12/20

不動産投資を始める前に
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

シニアライフに向けた不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

鑑定士の資格取得の方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産価値査定の手法
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家の改造というニーズ
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産の修繕特約とは
の情報を更新しました。

「不動産 特約」
に関連するツイート
Twitter

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

不動産質権 →使用収益権あり →管理費負担 →利息請求不可 ※利息は①特約がある場合、②担保不動産収益執行の開始があった場合には請求可。

地震保険だけでは被災時の補償が不十分かも?火災保険の断捨離と「上乗せ特約」のススメ~不動産のリアルより 住まいの購入を検討するに当たり、地震保険の火災保険との違いや仕組み、各種特約について知っておきましょう。 reds.co.jp/real/p30675/ pic.twitter.com/lokd72jHBw

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

買戻特約 私法上の概念で、「売主が代金額および契約の費用を買主に返還することによって売買契約を解除し、目的物を取り戻すことができる」とする特約をいう。 所有権移転登記と同時に買戻特約を登記しないと、第三者に対抗できない。買戻 #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K74705440

返信 リツイート 12/9(日) 12:47

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

不動産質権 →使用収益権あり →管理費負担 →利息請求不可 ※利息は①特約がある場合、②担保不動産収益執行の開始があった場合には請求可。

ジジィ不動産屋が「こっちは契約書の特約を手書きしている時代から不動産屋やってんだよ!?」って中途半端な理由でマウント取ろうとしてくる。コブラツイストかけたい。

【民法】 物権変動 意思主義:当事者の意思表示のみによって生じる。当事者が特約をしたときはそれに従う。 第三者に対抗するためには登記が必要。動産なら引渡必要。(公示の原則) 公信の原則:公示を信頼した者を保護する。しかし、不動産は例外で認められない。(登記に公信力なし)

買い換え特約 不動産の買主が、別の不動産を売却した代金をもって当該不動産の購入費用に充てることを「買い換え」という。 こうした買い換えでは、別の不動産の売却が不調に終わったときには、当該不動産の購入ができなくなるケースが多 #不動産 #物件 #投資

Twitter賃貸コンサルK@不動産は経営だ@K74705440

返信 リツイート 12/8(土) 23:47